八ヶ岳移住生活 – 二拠点生活からのスタート。そのきっかけについて – その6

  • ブックマーク

前回までは、
家ができるまでのお話しでしたが、
今回は家財道具について。

家の完成に合わせて電化製品手配

東京などの都会の場合は、
引っ越し直後で電化製品がなくても、
スーパーやコンビニで食べるものを買って、
そこでレンジを使って食べる、
ということもできますが、
ここではスーパーやコンビニは徒歩圏内ではなく、
外食をする場所も多くありません。

家である程度のことができるように、
初めから電化製品を揃えておくことは重要です。

当初は第二拠点だったので、
実際に東京で使っていて良かったものの、
型落ち(1年前のバージョン)を見つけ、
安くなっているところをポイントなどを駆使し、
お得に電化製品を買いました。

冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ
が大きいもので、
それ以外にもポットやコーヒーメーカーも
準備しました。

あと、TVとTV台も購入。
TVを見るというよりは、
Huluなどの動画サービスを見る用、
ですね。

これらを、
引き渡しの日に搬入できるように手配し、
搬入してもらいました。

自分たちがいる時しか受け取れないので、
いるときに一気に運んでもらい、
設置をお願いしました。

ベッド、ソファを買う

東京ではソファを置くと狭くなり、
あまり必要性を感じませんでしたが、
こちらではソファを買うことを決め、
いろいろと見て回ったのですが、
海外製ではなく、日本製がいい、
ということなり、
『匠ソファ』さんにお願いしました。


いろんなタイプがあったのですが、
JDタイプがよさそうだったので、
型は早々に決め、あとは、
自分たちの家のリビングの様子に合う色、
配色を決めました。

私たちは前回のブログで書いたように、
キッチンのタイルをジーンズ調の色にしたので、
それに合うような色を、
ああでもない、こうでもない、と、
長い時間お店の方と話し、
迷い決定しました。

実際の空間に置いてみないとわかりくいものは、
買う時に悩みますね。

今後は3D写真などを使って、
実際に置いた様子を見る。。。
ってこともできるのかな??
と考えていました。

大物家具はその部屋の印象を決めますので、
後悔しない選択をしたいところ。

最終的にはこんな感じに決まりました。

ベッドについては、
私は東京の頃から愛用しているムアツ布団を、
ベッドではなく床に引いて、
布団styleに。

旦那氏は、koalaのマットレスを選んでいました。

低反発すぎず、硬すぎず、
いい塩梅だと思います。
これも、生活には欠かせないものなので、
しっかり選ぶのが大事。

この山奥では、
ほとんど音がないので、
(虫の鳴き声くらい)
睡眠の質は格段に上がりますが、
寝具もこだわると、
さらに心地よく寝れます。

その他、東京からも寝具を運び、
(余っていた布団)
来客用にしました。

その他細かいですが、
タオルやお風呂セット
(シャンプーなど)
歯ブラシやドライヤーなども購入。

このあたりも、
普段から使っているものにしておきました。

今回は短いですが、この辺で!

次は実際に住み始めてからのお話になるかな?

  • ブックマーク