八ヶ岳移住生活 – 二拠点生活からのスタート。そのきっかけについて – その1

  • ブックマーク

本日も朝は気温15度からスタートです。
8月になりましたが、
蒸し暑さは感じず、
家の中にいる分には、
窓を開けて空気を回しておけば、
比較的快適な夏です。

今はこちらに完全移住をしましたが、
当初は、二拠点生活からのスタートでした。
(東京と八ヶ岳)

多拠点生活をしたい、
都会とは別のところに拠点を持ちたい、
という方もいらっしゃるのでは?

と思ったので、
今日はそのきっかけについて書きます。

そもそも二拠点生活をするつもりではなかった

私たちは、そもそも二拠点生活をしたい!
という願望は全くありませんでした。

二人とも都内で仕事を持ち、
出社もしていたのと、
土日もジムに出かけたり、
のんびりしたり、
やりたいことも出来ていて、
満足していました。


都内の中心部に住んでいたこともあり、
交通の便も申し分なし、
近くにデパートやスーパーもあり、
コンビニは自宅の隣。
『不便なところに行く』
という選択肢はないな、
と、当時は思っていたのですが、
その時期ちょうど私は、
幼馴染と人生初の富士山へ登る計画があり、
山に登るということを調べ始め、
旦那氏も、お友達と登山をしにいく、
ということがぽつぽつとありました。

登山、
という趣味が新しく増えたことにより、
『都内に住む』ことについて、
別の視点が見えてきました。

とにかく登山口が遠い都内

お友達と山に行くこともあったのですが、
都内にいると車がない(持つ必要もない)ので、
主に電車やバス移動になり、
かなり早朝から出発しないと、
登山口にたどり着けない、
ということもわかってきました。

それに、
天気に左右されることも多い登山ですが、
都内からだと急な計画変更もなかなか難しく、
気軽に行く、というものではないなぁ、
という感じがしていました。

そうなると、せっかく興味を持った登山も、
超入門者の私にはハードルが高く、
どんどん遠のく日々が続きました。

友枝さんのオフィスから見える景色。

移住コンサルタントの方に出会う

その頃、
旦那氏がお友達から、
八ヶ岳はいいよ!と聞いたことをきっかけに、
どんな場所かちょっと見学に行ってみよう、
と調べた結果、
今のおうちの土地、
デザインを手掛けてくださった、
友枝さんと出会います。

正直に話すと、
この時点では、
別荘を持つとか、
引っ越す、
ということは全く考えておらず、
現実的でもありませんでした。
車もなく、お互いに都内に仕事を持ち、
しかも、
超便利なところに住んでいる生活を手放して、
山奥に住むメリットもなく、
ただ(言葉は悪いですが)
『冷やかし半分、興味半分』で、
小旅行のつもりで向かいました。

友枝さんは、
移住コンサルタントもやっていらっしゃるので、
ここに住むメリットや、
八ヶ岳西麗がどんな場所かなど、
いろいろと教えてくださいました。
仲介もやっていらっしゃるので、
いろんな場所も見せていただき、
別荘には無縁の生活をしてきましたが、
その生活がどんなものかを知ることができました。

私自身は田舎の出身なので、
正直、山に囲まれて、
都心の超利便性のいい生活を捨てる、
という選択肢はゼロ、
だったのですが、
ここの土地に来て、
話を聞いていると、
私が経験してきた田舎とは違い、
ここに住んでいらっしゃる方々は、
のびのびと、この自然を楽しみ、
人との交流を楽しみ、
人生を楽しんでいらっしゃることを知りました。

そして、
何と言っても八ヶ岳の麓なので、
登山口へのアクセスは最高で、
徒歩でもいける場所もあれば、
車で約10分-30分ほどで、
さまざまな山の入り口にアクセスできます。

こっちの山が天気悪そうだから、
ちょっと変更してこっちにいこう、
ということがその場で変更可能なのは、
非常に嬉しいこと。

約1,500mほどの場所にあるので、
毎日家まで歩けば登山…と言えるかも(笑)
という場所ですが、
その分、生活音からは無縁です。
電車も高速も近くにはないので、
本当に鳥の声、風の音が聞こえるばかりです。

何事も出会い、ご縁。

関西出身の私たちにとって、
『お伊勢さんは呼ばれないと行けない』
という言葉も身近にあったのですが、
まさにこの場所との出会いは、

『呼ばれてきた』

というにふさわしく、
当初の『冷やかし半分』だった私たちの心は、
一気に『ここに拠点を持つのもアリかも。。。』
と、変わっていきました。

百聞は一見に如かず、
とは本当に昔の人は良く言ったもので、
この土地に来て初めて
自分が想像していたものとは、
全然違う!ということを体験できました。

また、
友枝さん自身が、
元々は東京に住んでいらっしゃって、
二拠点から始めたこと、
その後に完全移住をして長いこと、
同じ界隈に実際に住んでいらっしゃることで、
リアルな体験談と、
今の生活のあれこれ、
その上で、とてもいい!とおっしゃっていることも、
説得力がありました。

もし、移住やどこかに拠点を持ちたい、
と思ったら、
実際にそこに住んでいる人に話を聞く、
というのはとっても重要です。

実際に生活しているからこそ、
メリットやChallengingなことも、
どう乗り越えているか、
どう楽しんでいるかが分かるし、
二拠点での知恵や気を付けること、
知恵なども教えてもらえて、
そこに拠点を持つことが、
現実的に考えられるようになりました。

この『現実的に考えられるようになる』
というのは非常に大切で、
なんとなくそう思っている、
という段階では大きく見える問題も、
実際に話を聞いたり、
その土地に行くことで、
その問題の輪郭、サイズがはっきりして、
解決可能かどうかが見えてきます。

コンサルティングを受ける前と、
受けた後で、大きく変わったことは、
『夢物語』『メリットはない』
と思っていたことが、

『そうでもない…?』

と、いう視点で見直せたことだと思います。

次回も続きを書いていきます!

  • ブックマーク