八ヶ岳移住生活 – 移住後のChallengingな点は?

  • ブックマーク

前回は、
移住してよかった~!
というポイントを多く書きましたが、
今回は、
移住後にここはChallengingな点、
工夫が必要な点を書きます。

デメリット、
と書けるかもしれませんが、
私自身はメリット、デメリット、
というのは人それぞれで、
物の見方の違いだと思っています。

このあたりは、
ずっと書いているPQの、
『賢者の視点』とも繋がります。
この出来事が最高のギフトか、
絶好のチャンスなんだとしたら、
何を意味している?

と考えると、
デメリットも、
ただの『悪い』点ではなく、
工夫のし甲斐がある、
Challlengingな環境、
と捉えることができる、
と思っています。

まずは1つ目。

これは八ヶ岳生活のみならず、
田舎生活あるある、だと思うのですが、

『虫』が出る、ということ。

私自身は幼少期に田舎で育ったこともあり、
虫がいる、
ということは違和感がなかったのですが、
(ムカデなども出てた)
大人になると、
虫全般が苦手になってしまいました。

本格的な夏の前には、
ハチが巣作りをする場所を求めて、
家の外壁にやってきます。
巣ができないように、
ハチがこないように、
予防をします。

そして、アリ。
家の外にいる分にはいいのですが、
家の中にも入ってきます。
そのため、
侵入経路になりそうなところには、
その予防もします。

それ以外にも、
いろんな虫が入ってくる可能性はありますが、
家の中に入ってくるのはアリくらいですね。

虫が苦手!!という人は多いと思いますし、
私も都内にいるときは、
虫がいない環境最高!!

と思っていました。
今も得意になったわけではありませんが(笑)
山の中で生活していると、
ここにお邪魔しているのは自分たちで、

『ここは俺の場所だーー!』と、
家を建て、主張しているのは、
人間の勝手で、
その他の生態系には、
『なんじゃそら』という話。

これは山の生活のみならず、
都内であれ、どこであれ、
同じことですよね。


虫がいるからこそ、
自然が成り立つ、
ということを感じているので、
住み分けできるのが一番いい、
と思っています。
と言っても、
まだここは私も勉強途中です(笑)

高原と言えば、セロリ。セルリーとこちらでは呼ぶみたい。

2つ目は、停電。

ここは地中ではなく、
通常の電柱で送電をしているため、
線が切れたり、
何か影響があると電気が止まります。

線が切れる要素はいろいろとありますが、
多いのは倒木です。

このあたり一帯は木々で囲まれているのですが、
その木が倒木することで電線に引っ掛かり、
停電を起こすことがあります。

倒木の要因は主に2つ。

  1. 雪の重みに耐えきれなくなる
  2. 台風時の暴風

私の住んでいる地域は、
長野とは言え八ヶ岳周辺なので、
スキーリゾート地として有名な、
白馬や野沢温泉辺りとは違い、
数メートルの雪が積もり、
それが冬の間中溶けない、

ということはほぼ起こりませんが、
雪は降ります。

その際、降った雪が木に積もり、
その重みで倒木する可能性があります。
特に春の雪は水気を多く含むため、
重くなりやすいので、
可能性が上がります。

台風での倒木は、
山に限らずよくニュースにもなっていますが、
風が強い場合は注意が必要です。

このことも、
特に昨今の温暖化、異常気象により、
大雨により被害が毎年のように、
各地で起きているため、
日本に住む以上、
どこに住んでいても災害への備えは欠かせません。

停電の可能性がある、
という前提がすでにあることで、
その備えをしっかり意識できることで、
大容量バッテリー、
非常食、テント、
寝袋やランタンの準備、
車をハイブリッド車にしておくなど、
いろんな方向からの準備ができます。

この近辺は、
アウトドアや登山をする方も多いので、
その機材やグッズがそのまま、
災害時に役立つ、
ということもあります。

飲み水は、
湧水が近くにあるため、
汲みに行くことで手に入りますし、
お風呂も温泉が数か所あるので、
長期間の停電になった場合は、
検討することができます。

3つ目は、
エンターテインメントの少なさです。

東京に住んでいると、
映画やお芝居、ライブを見に行くことも、
比較的気軽にできたのですが、
ここに住むと一大イベントになります(笑)

ちょっと行ってくる、
という形では難しいので、
東京に行くことになると思いますが、
その場合は、
当然宿泊費や交通費もかかります。

ただこれも、
様々なアーティストがオンラインライブや、
YouTubeなどで、
同時配信などをしてくださったことで、
家でも、
質の高いエンタメを楽しむことができる世の中になりました。

また、生でライブを見たい!
というときも、
都内に住んでいた時は、

『また行けばいいや』

という感覚が多くて、
逃すこともしばしばあったのですが、
東京に行くときはそういうことを
楽しむ時間!と、
メリハリができたことで、
自分が行きたい!と思うものを選び、
思いっきり楽しむ、
ということも可能になりました。
もちろん、
全部に行けるわけではないのですが、
せっかく楽しめるんだから、
味わいつくそう!という気持ちは、
以前よりも強くなったと思います。

今回は、ざっと今思いつくことを書きましたが、
追加で思いだした場合には、
また付け加えていきます。

こんなところはどうなの??

ということがあれば、
いつでも聞いてください!


  • ブックマーク