継続とは細切れの時間の積み重ね。ピアノのレッスン再始動して感じること。

  • ブックマーク

最近ずっと流行っているDespacito。
息が長いな~と思いつつ、
SpotifyのGlobalチャートで聞いています。

ほんと、Spotifyの有料会員になってよかった。。
と日々思いますが、その話はまた別の回に。

 

最近、転職など生活に急に変化があったこともあり、
以前始めたピアノレッスンになかなか通えないままでした。
仕事も徐々に慣れてきたこともあり、
本日から復活。

久しぶりだといろいろと忘れていることもあり、
結構苦労しました。
先生と再度、一音ずつ確認して、
やっと前のところまで戻ってきましたが、
まだまだ道は長い。

 

私が、ピアノを始めたのは、
音感(ドを、ドと認識して、歌えるようになること)と、
楽譜が読めるようになること、が、
理由の一つでしたが、
楽器を演奏することができなかった私にとって、
自分で音を作り出せる、というのは、
なんとも面白く、楽しいものでした。

 

ただ、私は歌を歌うことは、
一つの楽器だと思っているところもあるので、
2つの楽器が(ピアノと歌)が重なることで、
楽しさが広がる感覚がありました。

 

ただし、
なかなかいい調子で来ていたピアノも、
一か月ほど触れないと、
当然忘れていることが多くなり、
初心者である私には致命的でした。

連続して練習しているときは、
スラスラと弾けたところも、
今日やると少しつまってしまい、
なかなか先に進めません。
頭で楽譜を追っていて、場所もわかっているのに、
手が動いてくれません。

やはり、
継続の大切さです。

継続、というと、
なんだか毎日相当の時間を費やす必要がある気がして、
結局、

『あぁ、そんな時間ないな。。。』

 

と、思ってしまい、
いっさい手を付けない日々が続いてしまいます。
『いつか、まとまった時間が取れたらやるんだ!』
意気込んでいても、
そんな日はなかなか来なかったりします。
継続とは、費やす時間の多さより、
たった1分でも、5分でも、
毎日そのことを考えたり、触れたり、
挑戦してみることのほうが大事ですね。

ピアノも、
1曲全部、毎日弾けなくてもいいので、
苦手な小節だけ何度か練習することで、
掴めることがあります。

今日も1時間のレッスンで、後半同じところを、
何度も何度も繰り返しました。
おそらく時間にして10分ほど。
そうすると、何度かは滑らかに弾けるときがあります。
この感覚を何度かやって掴むことで、
自分の手が覚えてくれるのですね。

 

筋トレもピアノも、
一度しっかり練習をして出来ていた過去があれば、
たとえ少し間が空いても、
そこまで戻ってくる時間は早いんです。
筋トレの場合、これを『マッスルメモリー』と
呼んだりしますが、
ピアノも似たようなものですね。

 

これからは、
細切れの時間をうまく利用して、
ピアノも誰かに聞いてもらえるくらい、
上手になります。

ピアノと歌、
相乗効果ですね。

頑張ります!

 

 

Posted from するぷろ for iOS.

  • ブックマーク